fores子Pの日常遊戯箱

fores子Pの投稿お知らせはもちろん、投稿した動画,MMD,小説の裏話、日常のどうでもいいことなど気ままに書き込むページ。

目立ちたがり屋と鬱陶しい性格の話

 

普段、私は目立ちません。

 

てか、目立とうともしていません。

 

でもたまに「誰か」一人やたくさんの人に

私のことを知ってもらいたくて目立ちたがる

 

 

でもそれは実際にはしない。

何故ならみんなに迷惑をかけるから。

 

 

本当は周りを気にせず、さらっと自分から話したい。

笑い合いたい。

 

話したいこと、いっぱいある。

 

でも迷惑かけるんじゃないか、今話したら邪魔なんじゃないかって

鬱陶しい性格が邪魔をする。

 

 

相手が話しかけてくれたら話すけど

 

自分からは何故か話せない。

(同性では自分から話すが、未だに異性はまだ喋られない)

 

だから ただただ、待つのみ。

 

 

でも自分から動かないといけないのは重々承知……。

 

でも誰かと話してる……

 

でも共通の話してても入っていいのかわからない……

 

いやそもそもそんな自分が嫌いじゃないのか、とかネガティブ思考になってしまったり。

 

 

 

そんな私が何故"目立ちたがり屋"なのか。

 

昔、私はダンスとピアノを習っていました。

そこで私はいつも考えていたことがありました。

 

「どうしたら、このダンスを、音楽の感情を表現できるのだろう」

 

上手に踊ること、弾けることじゃない。

どうしたらこの感情を目の前にいる人々に伝えられるのだろう、と

毎回毎回考えていました。

 

最終的に誰にも理解されることもなく、自分から辞めてしまいました。

 

辞めた後でもずっと自分流に踊っていて

そのダンスを学校で発表する機会がありました。

 

そしたらみんなが笑ってくれて。

知らないクラスの人たちも一緒に踊ってくれて。

 

 

自分の力で、笑顔になってくれるのなら。

 

なんだってしたい。

 

だからダンスにしたって、プレゼンテーションにしたって、

歌うことだって、

 

大好きなみんなの為に、自分ができることをしたい。

 

そんな思いでいつも生きてきました。

 

だから"目立ちたがり屋"なのかもしれません。

 

 

でも"鬱陶しい性格"は直らないまま、今に至るってわけです。

 

 

 

少し書いてみたかった、どうでもいい話でした。(笑)